医療の現場で働く人

病院で働くのはどんな人がいるのでしょうか。病院、医療、社会福祉関係の仕事に興味を持ち、医療、福祉、衛生関係の資格(医療事務、介護福祉士、管理栄養士、社会福祉士、調剤薬局事務)を取得した人が、病院、医療、社会福祉関係の仕事に就職したり、医療、管理栄養士、社会福祉関係の仕事に努めたことのある人が経験を生かして病院で働くために再出発する人もいます。
また、介護、医療、社会福祉に興味がある学生は、高校、大学、専門学校などで、介護、医療、社会福祉などの勉強をしたり、色んな所でボランティア、社会活動などに貢献をして、病院で働く時に病院(会社)からも認められて採用されて就職します。
また、医療関係の仕事を行う場所は、病院だけではありません。一般企業や学校、患者さんの自宅と、医療を必要としている人がいる場所がすなわち仕事場になりうるのです。最近はとくに高齢化社会ということで、患者さんの自宅での看護、つまり訪問看護が注目されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です